合唱コンクール

投稿日: カテゴリー: 1.ブログ
文化祭の季節到来

10月の半ばを過ぎる頃になると、市内あちこちの中学校でクラス対抗の合唱コンクールが開かれます。

 

伴奏者に選ばれた生徒さん達は、学校からいただいた合唱の楽譜をレッスンに持参して練習をします。

 

合唱の伴奏は、普段弾いている曲とは違って歌い手のためのもの。ソロ演奏とは表現の考え方が違うので良い経験になるんですよ^^

 

伴奏のレッスンでは、生徒さんのピアノ伴奏に、私がエレクトーンで合唱パートを合わせながら、それぞれのパートがどんな働きをしているのかを聴いてもらいます。

 

時には曲を俯瞰で見て、時には1拍に込められた音の響きを聴いて、どう弾くと出したい雰囲気に近づけるのかを考えながら練習してもらいます。

 

こうした経験は、やがてソロ演奏にも活かせるスキルになって行きます。

 

伴奏者賞を受賞!

中2のHさんは去年に続いて今年も伴奏者に選ばれました。

 

発表会でピアノとエレクトーンのアンサンブルを何度もしているので、他のパートを聴きながら演奏する楽しさも知っている生徒さんです。

 

今年の曲は、小さな手のHさんには弾きにくい部分が多くて、難易度も高めの曲でしたが、もともと練習熱心なHさんですから本番前にはイメージを持って弾ける様になっていました。

 

そして本番。みごと伴奏者賞を受賞しました!

 

Hさん、大変な事もたくさんあったけれど、本当によく頑張りましたね。おめでとう!^^