どんなレッスン?

 内容はオーダーメイド 

実際のレッスンは、お1人お1人のご希望に沿ってご相談しながら決める、いわばオーダーメイドです。ここではレッスン例を大まかに3つに分けてご紹介します。

 

①基礎コース

基礎から始める基本的な内容

 
【お子様】演奏技術(弾く)ソルフェージュ(聴く・うたう等)に、楽典などを併用した総合学習です。

【大人】演奏技術(弾く)をメインに、必要に応じて譜読みや楽典を取り入れています。

 
教本や楽譜は、クラシックだけでなく、ポピュラー、ジャズ、アニメや映画曲、幅広いジャンルの曲が収められた物など、様々あります。可能な限り教室の備品楽譜で中見をしていただき、ご相談しながら決めています。

 

②レパートリー・コース 

中級以上の曲を弾いている、趣味志向の生徒さん向き

 
好きな曲を選んでレパートリーを増やすためのレッスンです。持参楽譜の使用も可能です。

 

③フリーレッスン・コース

上記以外の内容

 
保育士の実技試験対策、ボランティア演奏やバンドで演奏する曲、披露宴のお祝い演奏など。

 

*小さなお子様のレッスン

就学前のお子様の場合は、ご入会前の体験レッスンやカウンセリングで現在の成長段階に合わせたレッスン内容をご提案しています。
詳細はこちらでご案内しています。

 
ご入会の前に

 

バリエーション

いつものレッスンに、こんな内容をプラスしている生徒さんもいらっしゃいます。

 

①アレンジの基礎レッスン

◆コード進行って何?

ポピュラーアレンジだけでなく、実はクラシックでも大切な和声のしくみ。そもそもコードって何?というところからスタートします。

 
良く知られた曲のメロディーに和音付けをしたり、似合う伴奏形を考えたり、簡単なイントロやエンディングをつけたり。アレンジ基礎編は教室作成のワークでもスタートできます。

 
◆基礎編を終えたら自分だけのアレンジを楽しんで!
オーケストラやオペラの曲をピアノやエレクトーンで弾いたり、クラシックの曲をジャズやラテンにしたり。曲を自分がイメージする世界に近づけてみましょう。

 

◆エレクトーンは音色を自作して楽しめる楽器です

 
手軽に楽しみたい方は、市販の楽譜とデータを使えばすぐに練習に入ることができ、弾くことだけに集中できます。
もっと深く楽しみたい方には、アレンジ+音色作りのレッスンをお奨めします。音色作りを通して、ご自分のエレクトーンの使い方も学べます。

 

②ダブルレッスン(ピアノ+エレクトーン)

ピアノとエレクトーン両方やりたい!という生徒さん達もいらっしゃいます。演奏する音楽ジャンルが広がったり、鍵盤のタッチや奏法の違いを知ったり、体験できる音楽の範囲がグッと広がります。レッスンのペースや自宅練習の量が大きな負担にならないよう、指導内容の配分をしています。

 

③チャレンジ レッスン

◆「級」の受験

ヤマハグレード音楽能力検定

 
ヤマハのグレードテストは年齢学歴を問わず受験できます。数科目ありますので健康診断を受けるようなつもりでチャレンジしてみませんか?

 

◆ 作編曲や演奏のコンクールイベント

全日本エレクトーン指導者協会主催の作編曲コンペ「サウンドカーニバル」や、ヤマハ主催のコンクールイベントなど、年齢に関わらず、参加できるイベントのご案内をしています。

 
審査されたり順位が決まったり、発表会とはまったく違う経験ができます。1曲にたっぷり時間をかけて深く取り組みながら、音楽にじっくり向き合います。発表会だけでなく、もっと幅広い経験を積みたい方にお奨めです。

 

トップページへ  どんなレッスン?  時間・回数・予約方法  費 用  発表会  ご入会の前に  お問い合せ